PROFIRE 自然色倶楽部 サイトマップ よくあるご質問Q&A
柿渋TOP
柿渋のご購入はこちら
無臭柿渋柿多冨(カキタフ)

柿渋情報局TOP
柿と柿渋 歴史と用途
柿渋の種類と製造法
柿渋の成分
柿渋の特性
柿渋の現状と未来

柿渋-日本古来の優れ物- 無臭柿渋柿多冨(カキタフ)が人気です!


柿と柿渋

青い未熟の渋柿を潰し、圧搾してできたその果汁を発酵・熟成させた物を柿渋と言います。

「里古りて柿の持たぬ家もなし」芭蕉
柿は古くから日本人にとって馴染みの深い果物です。
昔は農家の庭先には必ず柿の木が植わっており、赤い実を付けた柿の木は日本の秋の風物詩の一つでした。
近年では色々な果物が店頭を賑わす様になりましたが、やはり日本の秋を代表する果物といえば柿でしょうね。
又、「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われた様に、柿はビタミンが豊富な健康食品でもあるのです。
この様な食用としての一面の他にももう一つ、柿にはあまり知られていない別のj顔があります。
それが柿渋です。

柿渋の歴史


柿渋は平安時代より様々な用途に使用されてたと言われています。
特に江戸時代には、北海道と一部一部寒冷地を除いて全国的に盛んに生産されるようになり、その後第二次世界大戦までは様々な分野で日本人の生活と文化を支えてきました。
戦後は20世紀の急速な石油化学製品の発達により急速にその需要が減退し、殆ど忘れ去られた存在となりつつありましたが、世界的に環境問題が叫ばれる21世紀を向かえ、今又その素晴らしさが見直されてきました。

柿渋の用途


1)塗料(木に塗る)


柿渋を木に塗布すると、表面にカキタンニンが硬い強固な皮膜が出来ることにより、防水、腐食を防ぐ効果が期待できることから、家の柱、樽や桶、床下などに盛んに使用されました。
又、漆器の下塗りとしても柿渋は利用されました。
これは、補強材としての目的以外にも、漆に比べて取扱いが易しく、又安価であったことがその理由かと思われます。
今でも、一部の漆器産地では柿渋の下塗りが行われております。
詳しくは柿渋塗料としてのページをどうぞ

2)染料(衣服を染める)


染料として使用された歴史も古く、特に主に庶民の衣服を染色することに利用されました。
今では一部手工芸作家の手によって独特の柿渋の世界が創り上げられています。
又、一部では工業生産化も進められています。

詳しくは柿渋染料としてのページをどうぞ

3)和紙(和紙に塗る)


和紙に柿渋を塗る(又は染める)ことにより強度が増すことから、盛んに使用されました。
竹篭に和紙を貼り上から柿渋を塗った一閑張りが有名で、衣類や書物の防虫効果など日常生活の中で活躍しました。
又、京友禅や小紋などの型紙や伊勢型紙が各地の伝統産業を支えてきましたし、番傘やうちわ等にも利用されてきました。
とくに団扇は柿渋を塗ることにより強度が増し、腰のある仕上がるになることから強い風を起こすことができるので、渋団扇と呼ばれて重宝され、今でも香川県を中心に生産されています。
更に新しい時代を迎え、一閑張りの世界から和紙とのコラボが広がり五感張りが広まりつつあります。
詳しくは一閑張のページをどうぞ

4)日本酒の製造(酒袋)・清澄剤


江戸時代以降、日本酒の製造工程においてモロミを搾るのに柿渋で染めた木綿の袋が使用されました。
毎年この袋を柿渋でそめることから杜氏の仕事が始まったと言われ、それを何年も繰り返し、独特の風合いになった物が酒袋として有名です。
今ではすっかり機械化されており、この酒袋を使用することはなくなりましたが、現在でも清澄剤として日本酒の製造に欠かせない物となっています。
一方、酒袋はその独特の色合い、風合いが重宝され、一部マニアの間では手作りカバン等の材料として根強い人気があります。

5)漁業


木綿糸を柿渋で染めることにより強度が増し防水効果が上がることから魚網、釣り糸などにも柿渋が利用されました。
昔は漁師さんが投網などを柿渋j染する光景を目にすることもできましたが、今では殆どが化学繊維に取って代わられています。

6)民間薬


柿渋は民間薬として、高血圧、やけど、しもやけ等に効果があるといわれ広く愛用されていたようで、現在でも愛用されてる方がいるようです。
これはカキタンニンの効果だと思われますが、きっちりと科学的に裏づけされたものではありませんので、飲用につきましては、医師に相談されるなど慎重に対応をされた方が良いと思います。

7)化粧品
柿渋の主成分たるカキタンニンの保湿効果を利用して化粧品にも利用されております。
最近では、柿渋石鹸とか柿渋シャンプー等々が世間を賑わしておりますが、残念ながら本来の意味での柿渋は使用されておりません。
柿渋から取り出されたカキタンニンが極微量に含まてた薬剤が、これまた微量に使用されたものが柿渋○○として販売されているのが現状です。
但し、消臭等の効果云々は別問題です。


このページのTOPに戻る


柿渋の種類

現在、柿渋として世の中に出回っている物には色々ありますが、その製造法から大きく5種類に分けることができます。

@昔からある自然発酵製法による標準品の臭い柿渋
A@を精製してできる無臭柿渋(無臭柿渋柿多冨など)
B@に化学物質等を加えることにより臭いを抑えた柿渋
C酵母を加え強制発酵させることにより、臭いを抑えた柿渋
D発酵させず、遠心法などで高分子カキタンニンを取り出した物


柿渋の造り方

ここでは、@及びAの昔ながらの自然発酵製法柿渋について説明します。
柿タンニン含有量の多い渋みの強い品種の渋柿が未だ青く未熟のうちに摘み取り圧搾して出来た果汁を発酵・熟成させます。
昔は手作業で行われましたが、今では機械化されています。

@柿渋製造工程


  @洗浄  A搾汁 B発酵  C殺菌  D熟成
柿渋製造工程が画像でご覧になれます

発酵と熟成
柿渋は発酵が重要であり、熟成はあまり関係はありません。
発酵によりカキタンインの重合が進み、より高分子化が進みます。
発酵が終わったあとで、2〜3か月の間寝かせてやれば安定化しますので、それ以上熟成させても何ら効果があるものではありません。
3年とか5年、中には7年熟成なんて物もあるようですが・・・・・。
まあ、飲用すればコクがあって美味しいかもしれませんね((笑))

A柿渋手造り


昨今、手作りで柿渋造りに挑戦される方がおられますが、中々上手く行かないようです。
その一番の原因は、一言で言えば発酵と腐敗の違いと言えるでしょう。
つまり、上手く発酵させることができず、腐敗してしまうと言うことです。
やはり、日本文化の伝統の重さがそこに存在するのではないでしょうかね。
                                                       

柿渋の成分


柿渋は工業生産品ではありませんので、JISマークに類似するような規格品質に付いての一定の規格は存在しませんが、業界で使用される一般的な物を記載しておきます。
柿渋の品質規格(一般の標準品)
製品規格 性状         赤褐色液体
       柿渋臭気      独特の有機酸臭(無臭柿渋は無し)
       PH          3.5〜4.5
       ボーメ比重     4.5以上
       タンニン含有量   3.0以上
       その他分析値   酪酸、プロピオン酸、酢酸(無臭柿渋は含まない)

このページのTOPに戻る

柿渋の特性


1)柿渋の色


時々、柿渋をご存じない方から「柿渋にはどの様な色があるのですか?」とのご質問を受けることがありますが、基本的にには柿渋の色はブラウン、茶系色です。
柿渋は酸化することにより徐々に茶褐色に発色していきます。
特に紫外線によって酸化作用が促進され、発色を速めますので、昔から柿渋染のマニュアルとして染色後に日に当てるようにと言うのはこの理屈の為です。
又、高い温度によっても発色が促進されますので、陶芸の釉薬としての利用も面白いのでは」ないでしょうか。
繰り返しますが、柿渋(カキタンニン)は必ず茶系に発色します。
ですから、無色透明とか、カラフルな色をした純粋な柿渋塗料とか柿渋染めなどは存在しませんので、ご注意下さい。
赤や青やグリーン等の柿渋染は存在しません。

2)柿渋での色対応


柿渋は茶系のみですので、他の素材を使用してその色合いを変化させる方法が採られてきました。

@媒染


一般的な草木染めと同じ様に、柿渋染も媒染剤を利用してその色の変化を楽しむことができます。
但し、その方法は後媒染が一般的です。
即ち、最後の水洗いの段階で、薄い媒染液に浸して変色させます。
代表的な物としては鉄媒染とチタン媒染があります。
a)鉄媒染

鉄分に敏感に反応して黒くなるのが柿渋(カキタンニン)の特徴で、昔からその性質を上手く利用されてきました。
柿渋の濃度と鉄媒染の濃度によって、薄いグレーから濡れ羽色の黒まで様々な色合いに変化します。
b)チタン媒染

あまり知られてはいませんが、柿渋はチタンに反応して黄色系から綺麗なオレンジ系の色になります。
c)アルカリ処理

柿渋は弱アルカリ処理をすることにより若干の色の変化を起こし、酸化作用が抑制されますので、急速な色の変化を抑える効果がありあます。
又、風合いも若干柔らかくなりますので、拘りの柿渋染をされている方などは後処理としてアルカリ処理をされています。
材料としてはソーダ灰が一般的ですが、身近で手に入る材料としては重曹があります。

A顔料


柿渋は化学物質とは馴染みませんので、有機系物質が含まれていると分離してしまいますので、顔料を使用する場合には無機系の物に限られてきます。
その点からか、昔から弁柄(ベンガラ)が良く使われてきました。
昔の町家の黒っぽい窓枠などは柿渋にベンガラを混ぜて使用された色です。
その他、墨や松煙を混ぜ合わせても、独特の良い色合いに仕上がります。

3)柿渋の風合い(硬さ)


カキタンニンが表面に皮膜を張る為に硬くなるのが柿渋の特徴です。
そのことで、塗料として使用した場合には補強材・防水材としての効果が伴う訳ですが、他方染料として衣服などに使用する場合にはその硬さが欠点とされる場合があります。
この硬さを緩和するには、柿渋液を薄くして染め回数を増やして発色させることや、その都度十二分に水洗いを繰り返すことによりある程度の効果があります。
又、市販の柔軟剤を使用しても効果があります。


このページのTOPに戻る

4)柿渋の臭いと無臭柿渋柿多冨(カキタフ)


そもそも基本的に発酵物にはキツイ臭いがつきものですが、ご多分に漏れず柿渋にも独特の悪臭があります。
店頭で柿渋を購入された柿渋をご存知でない方が家に帰ってから容器の封を開け、その独特の臭いにビックリされて、
「これ腐ってます」と言ってお店に返品に来られ、対応した店員さんも「そうですね」って対応されたと言う笑い話もあるくらいです。
柿渋の主成分である柿タンニンそのものは無臭です。
あの柿渋独特の悪臭の臭いの元となる犯人は、発酵工程に於いて発生する酢酸・オウロピン酸・酪酸などの有機酸系の不純物なのです。
特許製法により、その不純物を取り除くことに成功し、画期的な無臭柿渋柿多冨(カキタフ)が誕生しました。
今まではその悪臭を嫌って敬遠されていた方にも、これからは安心して柿渋に親しんで頂けるようになりました。
詳しくは無臭柿渋のページでどうぞ 無臭柿渋柿多冨(カキタフ)のご購入はこちらから

5)柿渋染製品の洗濯方法と脱色方法に付いて

柿渋染は他の草木染め天然染料に比べて堅牢度が強いのが特徴です。
柿渋染繊維製品の洗濯方法な無蛍光染料を使用した手洗いが標準的な取扱い方法になると思います。
尚、ドライクリーニングの場合には使用される薬剤と反応する危険性がありますので、十分にご注意下さい。
又、脱色すぬには塩素系漂白剤の使用で可能かと思います。
ちなみに市販されているカビ取り剤での脱色が確認されています。

6)柿渋の保存方法

柿渋は冷暗してで常温保存が一般的ですが、空気に触れて酸化して固まります。
ですから、出来るだけ空気に触れないようにして保存する必要があります。
無臭柿渋柿多冨(カキタフ)は透過性の悪い材質の容器を使用しておりますので、開封前であれば最低一年は品質が保持されます。
開封後でも出来るだけ中の空気を抜いて保管すれば、長期保存が可能です。
又、一気に固まることはありませんで、徐々に粘度を増していき、やがて固まってしまします。
定期的にチェックして、ドロっとして来たら少量の水で薄めて保管すれば大丈夫です。

ペットボトル容器は透過性が良いので固まり易いですし、少量の容器に移し替えるのも良くありません。
小分けする場合にはビンの容器をお勧めします。

柿渋の現状と未来


20世紀後半からのあまりにも異常なまでの化学物質全盛時代の反省からか、環境世紀といわれる21世紀を迎え、全般的に天然・自然素材が見直されていますが、柿渋もまた日本古来の天然素材として注目を集めています。
柿渋の生産量も落ち込むところまで落ち込んだ感があり、最近では村興しを兼ねて柿渋造りの再興に取り組んでおられる地域もでてきました。
柿渋は化学物質を一切含まない、又その使用に際しても化学の力やエネルギーを必要としません。
まさに、21世紀に相応しい天然素材の優れものです。

柿渋使用の現状


1)食品添加物(清澄剤)


カキタンニンがタンパク質と結合し易い性質を利用して、清澄剤として広く使用されています。
日本酒の清澄剤としての使用が有名ですが、その他味醂、醤油などにも使用されており、この用途が現状での柿渋の一番のマーケットになっています。

2)塗料


昨今の健康志向の流れの中で、健康塗料として、特に内装材として注目を集めています。
大きな社会もんだいになっているシックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドに対しても柿渋が有効効果を持つことが、学会でも発表されています。
 第51回日本木材学界での発表の要約の抜粋
 岐阜県生活技術研究所 村田明宏宣も研究員 小川俊彦主任研究員
 密閉容器の中に柿渋を2g入れ、ホルムアルデヒドを注入、その後20時間にわたりその減少量を測定。
 その結果、3時間後ホルムアルデヒドが、約13分の1に減少した。
 (2001年2月17日付け中日新聞より)
尚、外装材として使用する場合にはその環境にもよりますが、約1年程度でのメンテナンスが必要になります。
是は直射日光に当たり続けることにより、カキタンニンの酸化が促進され、やがてその頂点を迎えて後劣化する為です。
又、手作り家具などの拘りの家具の塗料としても使用が広がっております。
その他、DIYの世界でも少しづつ認知されつつあります。

3)染料


暖簾、タペストリーなどのインテリア商品、カバン、帽子、日傘などの手工芸的な世界で親しまれてきましたが、最近では一種の柿渋染めブームに便乗して工業生産的な試みも行われる様になりましたが、従来の流通をそのまま利用した様は安易な発想の物づくりではなかなか上手くいかないのが現状のようです。
やはり、しっかりしたコンセプトに基づいた、従来のマーケットとは違う新しい価値観に基づく世界を作り上げていかないと、なかなか難しいのではないでしょうか。
綿染めから製品染めまで、最終製品に適した染色方法でマーケットに適した物作りを進めていく必要があると考えます。

4)紙に塗る(和紙)


型紙の需要は減退していますが、手工芸の世界では、先に触れました一閑張が人気で,最近では、皆さんグループで一閑張造りを楽しむ方が増えつつあります。
更に、和紙と柿渋のコラボの世界が広まり、一閑張りから発展した五感張りが誕生しています。
又、健康住宅関連資材として、壁紙、ふすま、障子にも柿渋を使用した商品が開発されています。

5)医薬品・化粧品


カキタンニンの保湿効果を利用して、一部化粧品にも利用されています。
又、柿タンニンの収斂作用を利用して歯茎を引き締めるなどの目的から一部の歯科医では歯周病の予防・治療にも利用されているようです。
更に民間薬としても利用されてきた歴史は先にお伝えしましたが、現在でも一部飲用されている愛好家の方がありますが、あまりあまりお勧め出来かねます。
飲用に際しては医師に相談するなり、発売元に確認するなりして十二分に注意をなさった方が宜しいかと思います。
最近ではカキタンニンの消臭効果が注目を集めています。
なお、最近カキタンニンを加工した消臭剤を利用した商品が、柿渋○○と称して出回っておりますが、これは消費者を惑わすもので少々問題があるのではないでしょうか。
化学塗料とか染料に少量のカキタンニン製剤を加えた柿渋塗料(中には無色の物もあります)、又、鮮やかな赤・青・緑色の柿染めなど、嘆かわしいい限りです。

これからの柿渋

従来どうしても手づくり・ハンドメードの世界の印象が強い柿渋ですが、我々は様々な業種・業態の方々とのコラボにより、新しい柿渋の世界の創造にチャレンジして行きたいと考えております。

又、柿渋(カキタンニン)の研究開発が進みつつあります。
今後、この限り無く可能性を秘めた未知なる優れものの研究が進むにつれ、新しい柿渋の世界が広がるのではないでしょうか。



参考文献:柿渋の力(京都府立山城資料館)

このページのTOPに戻る
柿渋液です 柿渋塗り和紙電気スタンド

  
柿渋製造法 柿渋の用途・歴史 柿渋の産地 取り扱い上注意点 柿渋参考文献


柿渋情報局TOP
無臭柿渋 柿渋販売 塗料として 染料として 和紙(一閑張り) イベント・教室 リンク集

お問い合わせ

無断転載禁止
Copyright(C)2004−2016 SizencolorClub All Rights Reserved
自然色倶楽部